映像制作の勉強ができる学校をご紹介

才能を引き出し、感性を磨く、映像制作の学校ってどんなところ?

専門性の高い、映像系の学校

映像制作と一口に言っても、多くのスタッフがそれに関わり、それぞれ、その役割はみんな違います。

監督にカメラマン、ディレクター、プロデューサー、照明技師に録音技師、美術監督などなど。メイクアップアーティストやスタイリストなどもそれに含まれます。

一見、華やかな世界に見えますが、過酷な競争の世界です。
才能があるだけではやってはいけません。才能で食っていけるのは、お金を出してくれるスポンサーのいる一部の天才だけです。

では、そういう仕事に就きたいという時、あなたはどうしますか。
古い昔、映画監督で言うならば、映画会社に入って誰かの下で助手として下積みをするというのが、通例でした。
黒沢明は助監督募集に応募して映画界入りし、小津安二郎もスタートは撮影助手、木下恵一も撮影技師の助手として撮影所に職を得ています。
今村昌平も助監督からです。

今は以前のように映画会社に勢いがなくなってしまったので、映画会社に入社して一からという映画監督は、少なくなってしまいました。
テレビやビデオなどの録画の文化が発達して以降、映像は映画だけでなく、多岐に広がっています。

映画やテレビ番組だけでなく、ミュージシャンのミュージッククリップのような映像もそうした映像制作の仕事ですし、ネットで公開されるCMの延長上にあるようなショートフィルムもそうです。

そうした映像制作のクリエイターになるためにはこの道、というものがはっきりとあるわけではありません。警察や看護婦のように特別な資格を取得する必要もありません。作った映像でお金がもらえれば、その日から誰でも映像クリエイターを名乗れます。

ですが、確実にその道を進みたいと言うのであれば、映像制作の学校に行くことでしょう。
ある程度の知識をつければ、即戦力とは言わずともある程度、基礎を身につけたうえで、制作の現場に入ることができます。

TOPへ戻る