映像制作の勉強ができる学校をご紹介

才能を引き出し、感性を磨く、映像制作の学校ってどんなところ?

学校でしか得られないものもある

豪華講師陣が売り!

何よりも学校で学べることの利点は、講師陣が豪華であるということです。
講師の中には、憧れの有名な監督やカメラマン、脚本家に音響技師などがいるかもしれません。

歴史的に長い学校ならばなおさら、卒業生に有名人がいる場合があります。
通常の授業の他にも特別授業として、有名クリエイターを招いての講演なども開かれるかもしれません。

これはプロたちから学べるチャンスです。

ですが、彼らはプロの教師ではありません。
優れたクリエイターが、優れた教師であるとは限りません。教え方が上手くない講師もいるかもしれません。
優れたクリエイターほど、自分の世界を強く持っていて、話す言葉や理論が小難しいということはよくあることです。
そういう時、学びたいという積極性が問われます。

わからないことがあったら、どんどん相手のふところに飛び込んでいって聞く気概が必要です。

就職にも有利なつながりができる

積極性を示す生徒がいれば、講師の先生もその顔を覚えてくれることでしょう。
プロのクリエイターの覚えがめでたければ、それが1つの業界とのコネクションになります。

また、プロの方との交流会を開いてくれるような学校もあります。
もちろん、そうした場を使って、自らのスキルを伸ばすため、プロフェッショナルならではの話を聞くのもありでしょう。
しかし、いずれもそれらクリエイターとのつながりは、後々の就職のチャンスにもつながるのです。
積極的に話しかけていって、自分の映像に対する想いを伝えるのもいいかもしれません。
「面白いヤツがいた」と思わせれば、しめたものです。

他にもテレビ局や映画会社が学校の運営をバックアップしている場合もあります。
そうしたところも、卒業後の進路に有利に働くことがあります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る